ニコン フルサイズミラーレス用レンズ発表

ニコンが、大口径の新マウントを採用したフルサイズミラーレスカメラ対応の、標準ズームレンズ「NIKKOR Z 24-70mm f/4 S」、広角単焦点レンズ「NIKKOR Z 35mm f/1.8 S」、標準単焦点レンズ「NIKKOR Z 50mm f/1.8 S」と、「マウントアダプター FTZ」を発表しました。
 

NIKKOR Z レンズは、内径55mmの大口径「Z マウント」とフランジバック16mmの組み合わせがもたらす高いレンズ設計自由度を活かして、新次元の光学性能を追求している。また、動画撮影時も静止画と変わらない高い解像力や、フォーカスブリージング対応、静音化、滑らかな露出制御、コントロールリングの搭載など、動画撮影に適した性能、機能を備えている。

今回発売する「NIKKOR Z 24-70mm f/4 S」、「NIKKOR Z 35mm f/1.8 S」、「NIKKOR Z 50mm f/1.8 S」は、従来の、開放F値4の標準ズームレンズ、開放F値1.8の広角および標準単焦点レンズからはイメージを一新する描写性能を実現。絞り開放から、ボケ味はもちろん高解像でクリアーな画が得られる。

「マウントアダプター FTZ」は、ニコン一眼レフカメラユーザーがお持ちのNIKKOR F レンズ資産を「ニコン Z マウントシステム」でも可能な限り活かせるよう設計したマウントアダプターで、さまざまなレンズの個性を活かした撮影が楽しめる。
AI改造レンズおよびAI NIKKOR以降のレンズ約360種を装着してAE撮影もしくはAE/AF撮影が可能。


「NIKKOR Z 24-70mm f/4 S」:最大径×全長は77.5×88.5mm、重量は500g、価格は136,500円(税別)、2018年9月下旬予定。
 


「NIKKOR Z 35mm f/1.8 S」:最大径×全長は73×86mm、重量は370g、価格は114,000円(税別)、2018年9月下旬予定。
 


「NIKKOR Z 50mm f/1.8 S」:最大径×全長は76×86.5mm、重量は430g、価格は83,500円(税別)、2018年10月下旬予定。
 
 


 

「マウントアダプター FTZ」:最大径×全長は70×80mm、重量は135g、価格は36,500円(税別)、2018年9月下旬予定。
 

また、ニコン史上最高の開放F値0.95、標準単焦点マニュアルフォーカスレンズ「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」を開発している。究極の光学性能を追求する最高峰のレンズ。本レンズ以外にもさまざまな新レンズの発売を予定しており、フォトグラファーの創作意欲を刺激する魅力的で高性能なNIKKOR Z レンズのラインナップを拡充していく。

来年以降に発売予定のZレンズのロードマップ
2019年:「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」「20mm f/1.8」「85mm f/1.8」「24-70mm f/2.8」「70-200mm f2.8」「14-30mm f4」
2020年:「50mm f1.2」「24mm f1.8」「14-24mm f2.8」他
 

年内に発売されるレンズは、小三元の標準ズーム1本と単焦点2本のラインナップになっています。
単焦点は人気の35㎜と50㎜で、F値は1.8と控え目ですが、ショートフランジバックと大口径を活かした設計になっていて、画面の周辺まで光量が確保されて解像度が高くなっているのが、撮影サンプルから見て取れます。

今後発売予定のレンズも、「20mm f/1.8」「14-30mm f4」「24mm f1.8」「14-24mm f2.8」とミラーレス化の恩恵を感じさせる広角レンズの充実ぶりが目立ちますね。
また、「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」は、現在のところ開発発表にとどまっていて、焦点距離、開放F値以外の具体的な仕様は明かされていませんが、同じマニュアルフォーカスのカールツァイス「Otus 1.4/55」の最大径x全長:92.4×125.3mm、 重量:970gを超えるモンスターレンズになりそうですね。
 

「NIKKOR Z 24-70mm f/4 S」「NIKKOR Z 35mm f/1.8 S」「NIKKOR Z 50mm f/1.8 S」「マウントアダプター FTZ」を発売