ニコン フルサイズミラーレス発表

ニコンが、大口径の新マウントを採用したフルサイズミラーレスカメラ「Zシリーズ」の「ニコン Z 7」と「ニコン Z 6」を正式に発表しました。
 

「Z 7」「Z 6」ともに、像面位相差AF画素搭載の新開発裏面照射型CMOSセンサーと新画像処理エンジン「EXPEED 6」を搭載。

「Z 7」は、有効画素数4575万画素と高画素ながら、常用感度ISO 64~25600を達成(ISO 32相当までの減感、ISO 102400相当までの増感も可能)。
 


「Z 6」は、有効画素数2450万画素で、ISO 100~51200の幅広い常用感度域(ISO 50相当までの減感、ISO 204800相当までの増感が可能)を実現。
 

「Z 7」は493点、「Z 6」は273点のフォーカスポイントが、撮像範囲の約90%という広い範囲をカバー。最適化したアルゴリズムで、像面位相差AFとコントラストAFを自動的に切りかえてピントを合わせる。

「Z 7」「Z 6」ともに、約369万ドット、有機ELパネルを採用した電子ビューファインダーを搭載。仕様は、視野率約100%、ファインダー倍率約0.8倍、対角視野角約37.0°。ニコンの高い光学技術を活かした光学系の採用と、画像処理プロセスにより、歪みが少なく隅々までクリアーで自然な見えを実現。

ニコンが長年のカメラ開発で培ってきた優れた操作性を継承。小型ボディーを実現しながらもグリップはしっかりと握りやすく、サブセレクターやAF-ONボタン、ISOボタン、露出補正ボタンなどが素早く操作しやすい位置に配置されている。

「Z 7」「Z 6」は、フルフレームでの4K UHD(3840×2160)/30pだけでなく、フルHD/120pの動画撮影も可能。4K UHD動画撮影時には、全画素読み出しにより解像感の高い映像が得られる。10 bitでのHDMI出力時には、ニコン独自の「N-Log」が使用できる。

カメラ内手ブレ補正(VR)を搭載。手ブレ補正ユニットを5軸に駆動させて補正し、シャッタースピード最大5.0段分の高い補正効果が得られる。「マウントアダプター FTZ」を介してVR非搭載レンズを含むNIKKOR F レンズ使用時にも効果を発揮。

「D850」同等の高い防塵・防滴性能と堅牢性を小型ボディーで実現。
タッチ操作可能な、チルト式3.2型 約210万ドット画像モニターを採用。
シャッター音を排除して撮影できる「サイレント撮影」が可能。
一瞬の動きを捉える、最高約9コマ/秒(「Z 7」)、約12コマ/秒(「Z 6」)の高速連続撮影(拡張)。

寸法(W×H×D) 約134×100.5×67.5mm
質量 約675g(バッテリーおよびメモリーカードを含む、ボディーキャップを除く)、約585g(本体のみ)
 

以上が「Z 7」「Z 6」の主な特徴です。サイズと重さは全く同じで、有効画素数やISO感度を見るとソニーのα7RⅢとα7Ⅲに似ていますね。センサーはソニー製なのかもしれません。

電子ビューファインダーの見やすさとグリップの握りやすさ、防塵・防滴性能の高さなどの操作性にこだわったところは、ニコンの100年に及ぶ開発の歴史を感じさせますが、Z7のボディの予想価格が税込み44万円、Z6ボディが税込み27万円と高額な機種なのに、記録メディアスロットが1つしかないのと、SDカードには非対応でXQDメモリーカードのみ使用となっているのが残念ではありますね。
D5に相当する高速連写可能なフラッグシップ機は、安心のダブルスロットになると思いますが、強気の価格設定が続かないことを祈るばかりです。
電池寿命は、ファインダーのみ使用時:約330コマ、画像モニターのみ使用時:約400コマとなっているので、こちらも今後の伸びしろに期待ですね。

マウント内径55mmとフランジバック16mmの組み合わせが採用されて、画面の中心から周辺までの圧倒的な解像力・センサーの周辺光量確保・レンズ設計の自由度の拡大が実現されたというだけあって、製品ページの撮影サンプルを見ると画面の隅々まで解像しています。
広角レンズに有効なショートフランジバック、防塵・防滴、小型軽量化の3点から風景メインの撮影に良さそうですね。
望遠の撮影では、マウントアダプターを介してFレンズが使えて、レフ機と同様のAF速度で撮影が可能だそうです。

フルサイズミラーレスカメラ「ニコン Z 7」「ニコン Z 6」を発売