OM-D E-M1 Mark II ・ F5.6 ・ 1/60秒 ・ ISO 200
17mm(35mm判換算34mm相当)のマイクロフォーサーズ用単焦点レンズ。
「写ルンです」(32mm)とほぼ同じ画角なので、風景やスナップ写真を撮り歩くのに適してます。
全長35.5mm・重さ120gと小型・軽量化されているから、旅行や遠出する時に追加で持って行っても
荷物にならないのがありがたいです。

 

OM-D E-M1 Mark II ・ F2.8 ・ 1/250秒 ・ ISO 200
ピント面からアウトフォーカスにかけてなだらかで素直にボケて行きます。

 

OM-D E-M1 Mark II ・ F1.8 ・ 1/1600秒 ・ ISO 200
開放F1.8で最短撮影距離まで寄ると後ろが大きくボケます。
この日は曇っていたので見落としてましたけど、空が部分的に白飛びしています。
最近知ったんですが、暗めの露出で撮っておいて、後からRAW現像で明るく戻すと白飛び部分の
データが消えずに済むみたいです。
反対に暗部のデータは完全には黒つぶれしにくく、記録に残っているそうです。

 

OM-D E-M1 Mark II ・ F8 ・ 1/500秒 ・ ISO 200
マイクロフォーサーズセンサーでも細かいところまで写っていて、中央部ののぼりに書いてある
文字も判別できます。 画像をクリックすると拡大するので、よかったら見てください。

 

OM-D E-M1 Mark II ・ F2 ・ 1/100秒 ・ ISO 800
ほぼ開放のF2で撮影。ピントの合っている瞳をシャープにとらえています。

 

OM-D E-M1 Mark II ・ F3.2 ・ 1/1000秒 ・ ISO 500
AFは静かで高速なので、猫じゃらしで遊ぶシーンではストレスなく撮影できました。
E-M1 Mark IIは、AF/AE追従で秒間最高18コマ撮影できるので、連写し過ぎると後で写真を
選ぶのが大変になるくらい大量に撮れちゃいます。
プロキャプチャーモードを使うと、シャッター半押ししてから一時記録が始まって、全押しした
瞬間以前の1秒間の連写分(最大14コマ)も記録できるので、撮り逃しを回避できる確率が上がります。

 

オリンパス M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 ブラック


オリンパス M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 シルバー


オリンパス OM-D E-M1 MarkII ボディ